« 土曜日。 | トップページ | 日曜日の朝 »

2007/06/02

ある意味・・激動の1週間。

070209_100258_1 070526_132323

大きな窓から木々の緑が揺れるのが見えるのが私の夢。
①あれ??我が家も見える!!小さな小さな窓だけど ・・こんな事に気が付く。小さな喜び。
②大阪→埼玉に住んで18年。最初はあまり好きではなかった。 今は大好き。都心に30分で行けて自然が豊か。国道の木々安らぐ。

すごい1週間でした。
週明けは次女から・・
好奇心と悪ふざけで侵したルール違反が
大きな大きな「痛み」になって戻ってきました。
多くの責めと批判。
当然の事ではありながら
16歳の心には大きな試練となりました。
親も猛烈に反省し心痛む事ではありましたが
自分で向き合い乗り越えるしかないのです。
娘とどれだけ話したでしょう。
たくさん・・
たくさんの事。
事は前向きに進み
次女にとってとても大きな貴重な経験となるでしょう。
今までとは、まったく違う・・
本気で必死で変わろうとしています。
今は感謝の気持ちしかありません。

週中・・職場で仲間の意図的な不祥事が発覚しました。

怒りをあらわにする人。
只々、落胆する人。
傍観する人・・
皆の感情は様々で
どれも間違ってはいません。

立場上、一番かかわりましたので
大きな信頼を寄せていましたので
ショックどころではありませんでした。
大きな鉛を飲み込んで
胸のあたりに鉛が止まってしまいました。
しかし・・怒りの気持ちは微塵も湧いてはこないのです。
どうしてだかわかりません。

優しいとか・・
できてるとか・・
周りは言ってくれました。
でも、違うと思います。
今でもわかりません。
去る人の立ち直りと幸せを祈ります。

そして・・
大きくのし掛かる穴埋め。
すごいスケジュールです。
心に鉛を抱えていては動けない!
今、逃げるわけには行かない!
自分に言い聞かせて
私は昨日、鉛を吐き捨てました。
大きく大きく遠くに。

前進するのみ。
私も大きく変われるかも知れません。
さっ!
ご飯食べるぞ。

|

« 土曜日。 | トップページ | 日曜日の朝 »

コメント

こちらは梅雨入りしました。!目のほうは大丈夫でしょうか?    逆境にある時、ピンチの時にこそ、その人の人間性が垣間見れたりする気がします。試練だらけですよね?仕事も!子育ても!
マガレットさんはりっぱ!です。文面に「力」がみなぎってます!  でもお身体を酷使なさいませんように!              若いから「ダイジョウブ」ですか?        

投稿: 苧環 | 2007/06/02 15:56

マーガレットさん

おせっかいですけど、お聞かせしたいものがあるのでよかったらメールください。

投稿: 海 | 2007/06/02 23:32

マーガレットさん

おせっかいですけど、お聞かせしたいものがあるのでよかったらメールください。

投稿: 海 | 2007/06/02 23:33

読んでいて何だか涙が出そうになりました。

みんなどこかでそれそれの立場で「頑張って」いるんだなぁって。
生きるってそれだけで大変な事なんですね。

僕はまだまだ甘いなぁ…。

もうちょっとだけ、真剣に歩いてみよう。

投稿: しんや | 2007/06/03 06:53

苧環さん
目はだいぶ「ひらひら」は消えてきましたが・・もう少しかかるそうです。血圧も安定してきました。本当に人生は試練の連続ですね。でもその時こそが成長の時なのかも知れません。いつも励ましてくださり感謝しています☆彡

海さん
メールしました~☆

しんやさん
しんやさんのお人柄が伝わります。大変だけど試練や苦労がないと人は成長できないし、人の痛みもわからないような気がします。少しエラソ~(^_^.)。私は頑張りまっせ(◉ฺ∀◉ฺ)!

投稿: マーガレット | 2007/06/03 14:13

マーガレットさんは、強いですね。私なんて色々ある度に、落ちこんだり、怒鳴ったり、そして又後で反省したりの繰り返しです。子育ても、山あり谷ありですよね。厳しくばかりでも、甘やかしてばかりでも駄目だし、難しいです。マーガレットさんの頑張りは、私も元気になりますよ。

投稿: ブリック | 2007/06/03 22:14

ブリックさん
そんなことないですよ~私だって・・怒鳴ったり、騒いだり、めちゃくちゃ落ち込みますよ~!私が家では一番のわがまま者で、一番こわいんですよ。けど・・その後に立ち上がろうとする力をギューと押し出すんです。転んでも絶対にタダでは起き上がりたくないんです。

投稿: マーガレット | 2007/06/05 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日。 | トップページ | 日曜日の朝 »